白龍-清澄  アート展「湖の華から」作品紹介

現在、滋賀県大津市のコラボ21で開催されているアート展から、

HIDEKI作品の紹介をさせていただきます。


白龍-清澄

葦紙にアクリル絵の具。

紙色が生成色のため、一般的には、色彩を使った表現にはあまり向かないと考えます。葦紙の使用は、葦の持つ自然の力である浄化するというエネルギーに意識を向け、共力をいただいています。琵琶湖は、日本の子宮ともたとえられ、水を豊富に抱えています。その琵琶湖の葦は、浄化のシンボルと考えています。そして、琵琶湖は、湖(みずうみ)は、「自ら生む」に通じています。人の意識の成長は、自らを見つめることで可能となります。これらが、この葦紙に共力していただく意味です。

この作品については、「祈り」と同様に、描き手として新たな感覚に触れることができた作品です。 生成の色をした葦紙のエネルギーを生かしきれたという感覚があります。

白龍は、清浄なエネルギーを守護します。 スタジオジブリ作品の「千と千尋の神隠し」に出てくるハクのように、昔の清流のエネルギーに例えられるかもしれません。今では、私たち人間世界の現実のカタチの中で例えられる場所は、ほぼ無くなってきている気がしますが、エネルギー体としての存在は、感じ取ることができます。それぞれの存在が尊重しあえるということが、今、とても大切です。 清澄であるエネルギーは、それぞれの存在を大切に守護してくれます。